会社の譲渡をお考えの方へ

会社の譲渡は、タイミングが大事

このページをご覧の方の中には、すでに十分に熟考・検討された上で気持ちを固め、これからM&A(譲渡)に向けて具体的に着手しようという方もおられれば、将来的にそうする可能性はあるが、まだ先の話という方もおられることでしょう。

各々で状況・気持ちは異なるにしても、ここで申し上げたいのは、会社の譲渡は「なるべく早い時期に、余裕のあるうちに」検討・着手することがとても大事ということです。理由は、1つにはM&Aは相手がいる話であり、自分の意思だけで決め切る(実行する)ことはできないため、自分が思ったタイミングや期間で必ず成立するとは限らないからです。あと1年くらいでM&Aの相手を決めたいと考えて着手したものの、お互いのニーズ・条件がしっくり合う相手がなかなか見つからず、やがて1年経ち、1年半が経ち…というケースも少なくありません。

2つには、まだ今すぐという話ではない、と思って先送りしているうちに会社の業績が悪くなってしまい、そこからあわててM&A(譲渡)を進めようとしても、できなくなってしまう危険性があるからです。

自社の先行き不安、業界内の競争過多、経営基盤・資本力の強化、経営者の健康問題、新ビジネスを軌道に乗せるためのスポンサー募集など、理由・目的はさまざまあれ、今後の選択肢の1つとして「M&A(会社の譲渡)」が頭に浮かぶようになったら、できるだけ早期に準備・検討した上で、時間的に余裕のあるうちに着手することが大事です。

早めに着手していれば、途中でM&A以外の選択肢を再度模索することもできますが、タイミングを逃してしまった後で「もっと早くにM&Aを決断していたら…」と後悔しても、残念ながらどうすることもできないのですから。

どこに相談・依頼すればよいのか

M&A(譲渡)は、ほとんどの経営者にとって一生に一回あるかどうかのきわめて重大な決断事です。だからこそ、M&Aに向けて具体的な一歩を踏み出そうとする時、どこに相談・依頼すればよいのかというのは、とても重要な問題となります。

現在では、大都市圏を中心として、M&A仲介やコンサルティングを行っている企業・機関は数多く存在しています。その中には多くのスタッフを抱えて大規模に事業展開しているところもあれば、個人で活動しているところもあり、様々です。一度正式に依頼して話が進んでいくと、あとになってから変更するのは手間もかかりますし、着手金が戻ってこない可能性もあります。できればHPに掲載されている情報だけでなく、M&A業界に知識のありそうな人(専門家等)に尋ねるなどして、慎重に検討した上で決めることが重要です。

また、どこに相談するかを検討するにあたり、もし正式依頼をした場合に、着手金や成功報酬などの料金(フィー)がどれくらいかかるのかという点も、大きな判断要素となります。M&Aの場合、売買金額自体がかなり大きくなることが多いため、仲介機関に支払う着手金やフィーも高額になりがちです。依頼する側からすれば、もちろんフィーは少しでも安い方が嬉しいに決まっていますが、高い安いをきちんと判断するには、一見してわかる着手金の額、成功報酬の料金テーブルだけでなく、ミニマム・フィー(成功報酬の最低金額)がいくらかや、成功報酬の分母は何か(何に対して料率を掛けるのか)まで吟味しないと比較できません。HPで料金体系全体をわかりやすく開示している仲介機関もあれば、HPでは詳細まではわからない仲介機関もあるため、あとになって「当初思っていたより高額なフィーになってしまった」とならないよう、留意が必要です。

大阪商工会議所のM&A市場

ご自身で色々探したり、実際に初期相談したりする中で、「この仲介機関は信頼できて、料金も納得できるものだ」という所がうまく見つかれば、そこに依頼されればよいでしょう。ただ、この業界にあまりなじみのない方の場合、どこまでM&A仲介機関の信頼性・良し悪しを把握できるか、また、料金体系をきちんと理解した上でどこが高い・安いと比較判断できるか、というのは結構難しいのではないでしょうか。

大阪商工会議所の「M&A市場」は、公的機関である商工会議所が十分吟味した上で、提携先となるM&A仲介機関を決定しています。また、どの仲介機関が実務を担当することになっても、商工会議所が定めた一律で安価な料金体系(着手金不要・ミニマムフィー200万円)が適用されますので、安心してご利用頂くことができます。

譲渡をお考えの方の中には、M&Aのことは全く不案内なため、正式依頼後、M&A仲介機関と直接やりとりを進めることに不安感を抱く方もおられますが、こういう時、私どものM&A市場では、事務局に対して不安点・疑問点などの問合せ・ご相談をして頂くことが可能です。事務局担当者は、この事業を長く担当している経験豊富なベテラン職員で、M&A実務についても基礎的なことはおおよそ理解していますので、気軽にご相談ください。

公的機関である商工会議所と信頼できるM&A仲介機関が密に連携しながら、二人三脚で中小企業・ベンチャー企業等の成長・発展に向けたM&Aをお手伝いする、必要があれば実務段階以降も事務局が側面サポートする、このような特徴を持っているのが大阪商工会議所の「M&A市場」です。また、公的機関が運営していますので、ビジネスの視点にとらわれず、中立的・客観的な立場からアドバイスができるという特徴もあります。

M&Aをお考えになられた時は、どうぞ大阪商工会議所にご相談ください。

カウンター