相談窓口・担当者の紹介

大阪商工会議所ではM&Aに関する相談窓口を開設し、ご相談・ご質問を承っています。
経験豊富な担当者が、初心者の方にもご理解しやすいよう丁寧に対応しますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。もちろん秘密は厳守いたします。

相談窓口

窓口 大阪商工会議所
中小企業振興部 事業承継・再生支援担当(5F)内
( 大阪市中央区本町橋2-8 MAP )
開設時間 月曜から金曜 午前9時~午後5時15分(原則)
※相談にお越しの際は、できるだけ事前にTELでアポをお取り下さい。
費用 無料
TEL 06-6944-6474

担当者ご紹介

氏名 上谷 直己(うえたに なおき)
生年月日 昭和42年(1967年)6月9日(双子座)
血液型 AB型
略歴・コメント

平成3年3月
大阪大学人間科学部卒業
大学では心理学を専攻。高校~大学時代は、我流の自己分析をしたり、性格・心理について色々思いを巡らしたり、思索にふけることが多かった。

平成3年4月
大阪商工会議所入所
英語があまりできないのに、なぜか国際部に配属されて大いに困る。結局、その後もペラペラ話せるようにはならず…。

平成6年4月
経済部に配属
ベンチャービジネス振興や中小企業の人材確保支援などを担当した後、平成8年より、後継者難の解決策として中小企業のM&Aを検討する担当となる。これがM&Aとの出会いだが、この頃はM&Aの「え」の字も知らず。

平成8年6月
M&A研究会スタート
専門用語がひんぱんに飛び交う、実務家の白熱した議論に、頭の中は「??」。やがてこの研究会で、M&A支援事業の具体化について煮詰めていく。

平成9年4月
大商「M&A市場」スタート
公的機関では全国初の取り組みということもあり、マスコミに大きく取り上げられる。窓口開設初期は、相談がひっきりなしで、対応にてんてこまい。相談対応を数多くこなし、また仲介機関と企業の面談に同席を重ねるうちに、少しずつM&Aの雰囲気を体得していく。

平成11年9月
(株)日本M&Aセンター(大阪支社)に出向
M&Aの実務知識・ノウハウを多少なりとも習得して、今後の事業展開に生かすのが目的。商工会議所の職員が、M&A専門会社に出向するのは全国初(おそらく今でも唯一)。
出向期間中は実際に売り案件をいくつも持ち、ほぼ社員同様に様々な実務を行う(ここまで1人でしていいの?というくらい)。やりがいとプレッシャーの両方を感じつつ、意外な粘り腰で2件の成約を取りまとめる。

平成13年4月
出向を解かれ、大阪商工会議所経済部に復帰
(当然ながら)M&A事業の担当となる。出向で得たものを相談対応等で生かすべく、自分なりの努力を重ねる。

平成14年4月
中小企業振興部(経営相談室)に配属
仕事を持っての異動で、引き続きM&A事業をメインに担当。その後、国の委託事業である中小企業再生支援協議会の事務局業務も担当するようになる。

平成20年4月
部内組織変更により、中小企業振興部の事業承継・再生支援担当に配属。現在に至る。

担当者あいさつ

はじめまして。私は「M&A市場」の準備段階(平成8年)からこの業務を担当していますので、M&A業務との関わりは、ほぼ20年(!)になります。平成11年9月からは株式会社日本M&Aセンターの大阪支社に出向し、1年7ヶ月にわたり中小企業のM&A実務を経験しました。その間、幸いにも2件のM&A成約に主担当として携わることができたのですが、これは私にとって貴重な経験であり、今でも大きな財産となっています。


私はM&A市場の担当として、これまで多くの方々からの相談・問合せを受けてきましたが、その際にはできる限り相談者の気持ちや意向に配慮しながら応対するように心がけています。M&Aは、単に売り手と買い手のニーズが合致し、条件さえまとまればよいというものではなく、互いの企業文化や経営者の考え方・相性も大事であり、「人の気持ち・心情」が大きく関与してくるものだからです。特に中小企業同士のM&Aにおいては、このソフト面がかなり重要な要素を占めると感じています。


M&Aは、しばしば「縁」のものと言われます。これは普通は、よい買い手(売り手)と巡り会えるかどうかは縁次第という意味ですが、私はM&Aを進めるにあたり、よい仲介機関、よい担当者、よき理解者や応援者と巡り会えるか、そういった人たちに恵まれるかという縁も、実はきわめて大事であると思っています。関係する多くの人々の協力、熱意、努力、そして信頼関係があってこそ、はじめてM&Aはうまく行くものです。私も、少しでもその橋渡しができるように、そして多くの企業がよい相手と成約して喜んでいただけるように、1社1社・1人1人との出会いを大事にしながらお手伝いしたいと思っています。


M&Aはデリケートな話ではありますが、きちんとしたステップを踏んで行えば秘密保持も大丈夫ですし、実務に入ると仲介機関がきめ細かくアドバイス・サポートしてくれますので、M&Aに不慣れな方(ほとんどの方がそうでしょう)でも、あまり心配される必要はありません。まさに「案ずるより産むが安し」で、相談・依頼されるまでは不安や心配がぐるぐる渦巻いていたものの、実務段階に入った後は「色々不安がありましたが、今は安心して仲介機関にお任せしています」といったコメントをされる方もいます。


また、M&Aは「タイミングが大事」であり、譲渡をお考えの場合は特にそうです。後継者難にしても、それ以外の理由にしても、自社の良さやセールスポイントがある状態で着手しないと、成約に至る可能性が低くなってしまいます。「うちはまだまだ先の話」と思っていても、いつ、どんなことで状況が一変するかわかりません。なるべく早めに検討や情報収集を行い、時間に余裕のある段階で着手するのが「満足のいくM&A」への近道となります。


私はこの事業を長年にわたり担当していますが、成約に至った企業、特に譲渡側の社長から「商工会議所に相談してよかった」「おかげで無事に成約することができました」と成約後に言われるのが、何物にも代えがたい喜びです。この事業を担当していて、またM&A支援事業を実施していて本当によかったと、心から思える瞬間です。

昨今、多くの民間企業・金融機関等がM&Aの仲介・コンサルティング業務を行っていますが、本会議所の「M&A市場」は、サービスの質・料金面のどちらから見ても、中小企業にとって安心して利用できるものであると自負しています。

もし、このページをご覧のあなたがどこに相談しようかとお考えでしたら、次はぜひ、あなたのお手伝いをさせて頂ければ幸いです。

カウンター