ジョブ・カード制度とは

正社員の経験が少ない求職者などが、登録キャリア・コンサルタントの支援を受けて職務経験や教育訓練歴、資格取得などの情報をまとめて「ジョブ・カード」に記載することにより、自らの職業能力を客観的かつ具体的に提示し、求人企業とのマッチングを促進するものです。
  ジョブ・カード制度では、正社員の経験が少ない求職者などに対して、企業での実習(OJT)と教育訓練機関等での座学(OFF-JT)を組み合わせた有期実習型などの職業訓練(職業能力形成プログラム)を提供します。 求職者は、企業や教育訓練機関等で実務経験を積むことによって職業能力を修得し、企業による評価を得て就職活動に活用できます。

ジョブ・カードとは

求職者の職業能力を証明する4種類のシート(①履歴シート、②職務経歴シート、③キャリアシート、④評価シート)です。履歴書などにはない求職者に関する 詳細な情報が記載されているので、短時間の採用面接では分からない求職者の職業能力やレベルなどを客観的に評価できます。
                                      yajirushi01

ジョブカード制度利用企業をサポートします

  大阪府地域ジョブ・カードセンター(事務局:大阪商工会議所)では、求職者を有期雇用のもと、3~6カ月間企業実習(OJT)と座学(OFF-JT)を実施し、正規採用を検討いただける企業を募集しています。
  さらに、訓練実施計画(カリキュラム評価シート)の作成等についてサポートさせていただきます。

ジョブ・カード制度を活用のメリット

1. 人材ニーズにマッチした自社での実習を通じて、即戦力の人材を確保できます。 2. 有期実習による企業での実習を通じて、自社のニーズに応じた人材育成と評価(適性判断)ができるので、採用時のミスマッチのリスクを軽減できます。
3. アルバイトやパート、派遣社員を正社員へ登用するときにも活用できます。
4. 助成金を活用することにより、採用コストや企業研修に係るコスト負担を軽減できます。
5. 人材育成・能力開発に積極的な社会的企業であることをPRできます。
                                      

対象となる有期実習型訓練のフロー図

対象となる有期実習型訓練の基準

対象者/ ①正社員としての経験が少ない方 ※  ②新規学卒者
  訓練を実施する分野において過去5年以内におおむね3年以上継続して正社員として働いたことがない方など、ハローワーク等に所属する登録キャリア・コンサルタントが判断した方
訓練期間/3カ月以上6カ月以下(資格取得等の特別な場合は1年以内)、
総訓練時間/6カ月あたり425時間以上
企業での実習(OJT)時間割合/総訓練時間の1割以上9割以下
教育訓練機関等での座学(OFF-JT)/教育訓練機関のみならず、事業主によるものも一定の要件のもとで可能