ページトップへ戻る

サブミッションポートとSMTP AUTH

他社プロバイダ回線で接続を行い、商工会議所インターネットサービスメールサーバーをご利用のお客様が、該当他社がプロバイダアウトバウンドポート25ブロッキング(OP25B)を導入されている場合でもメールが送信できるように、商工会議所インターネットサービスではサブミッションポート(587番)とSMTP AUTHを提供しております。

他社プロバイダ接続をご利用のお客様は、商工会議所インターネットサービスのサブミッションポート(587番)をご利用になる設定にしてください。
※サブミッションポートではメール送信の際に認証が必要です。

サブミッションポート(587番)とは

他社接続で商工会議所インターネットサービスの送信サーバーを利用する場合の入り口です。 送信認証(SMTP AUTH)を併用でき、商工会議所インターネットサービスユーザにのみ利用していただくための規格です。