ページトップへ戻る

迷惑メール対策 OP25B

商工会議所インターネットサービスでは、迷惑メール対策として、Outbound Port25 Blocking(アウトバウンドポート25ブロッキング)(以下、OP25B)を導入いたしました。OP25Bとは、迷惑メールの送信抑制を目的とし、特定の形態でのメール送信に制限を加えるものです。

商工会議所インターネットサービスの回線で商工会議所インターネットサービスの送信サーバをご利用のお客様(メールアドレス、送信サーバを「登録情報のお知らせ」の設定情報どおりに設定し、商工会議所インターネットサービスの回線でお使いになっているお客様)には特に影響はございません。
(影響有無の確認はこちら) ( OutlookExpressの設定確認はこちら) ( Outlook2002の設定確認はこちら)

あわせて、サブミッションポートとSMTP AUTHの提供も開始しております。
他社の迷惑メール対策(OP25B)により、制限を受けているお客様はこちらをご覧ください。
 

Outbound Port25 Blockingとは

商工会議所インターネットサービスの回線で接続をした利用者が特殊な形態を用いて商工会議所インターネットサービスのメールサーバーを経由せずに メールを送信することを制限する仕組みです。

商工会議所インターネットサービスでは、商工会議所インターネットサービス以外の メールサーバーを直接利用する形態のメール送信すべてに順次適用いたします。
 
 

OP25Bの影響について