• 大阪商工会議所

  • ENGLISH
  • 中文
  • 地図・連絡先
  • 各支部へ
  • サイトマップ
A ホーム ú 経営・実務 ú 法務・総務・広報・人事・労務・採用 ú 【中央支部】≪11/2≫トラブル回避のための契約書作成の基礎とリスク管理※定員になりましたので締め切らせて頂きます※

【中央支部】≪11/2≫トラブル回避のための契約書作成の基礎とリスク管理※定員になりましたので締め切らせて頂きます※

~契約書をどうチェックし、修正すべきか、わかりやすく解説~
  • 会員優待(会員無料)のイベント
  • セミナー・講習会
取引トラブルを未然に防ぐためには、経営者や実務担当者が契約交渉の段階からリスク管理を念頭に置いて、不備なく安全な契約書作成・締結を進めなければなりません。実際に契約相手から不利な条項や相手側のフォームを押し付けられることも多く見受けられるため、損害を最小限に抑える必要最低限の法務知識を身に付けておくことが必要です。

本セミナーでは、ビジネスに必須の契約に関する法律知識とリスク管理について、民法(債権法)改正を踏まえ、経験豊富な弁護士が解説します。

※同内容にて開催する各支部の日程・会場の詳細については、このリンクをクリックしてください。

開催日時

2018年11月2日(金)

開催時間 等

午後2時~午後4時

場所

大阪商工会議所6階「白鳳の間」 大阪市中央区本町橋2-8
x 地図情報はこちら

対象

全対象向け (※大阪府下の中小企業者、小規模事業者等)

受講料

会員:無料、特商・一般:5,000円

講師

浜口総合法律事務所  弁護士・大阪商工会議所 専門相談員
浜口 廣久 氏

開催内容

Ⅰ.契約締結上の注意事項
 1.契約とは何か
 2.契約に違反した場合どうなるか

Ⅱ.契約書のリスク管理とその対応策
 1.なぜ契約書をつくらなければならないのか
  (1)契約書の意義・メリット
  (2)約款について ~契約書との違い、改正民法の新設規定とは~
 2.民法(債権法)の改正を踏まえた契約書作成の基礎的事項 
  ~ 契約書のリスク管理とその対応策~

  (1)民法(債権法)の改正と契約に与える影響
  (2)民法(債権法)の改正を踏まえた契約条項の作成・修正
  (3)契約締結の際のリスク管理

定員・持参品

〈定員〉60名 (※原則1社2名までの受付とさせていただきます。)
〈持参品〉受講票、筆記用具、有料受講者の方は受講料

お願い

◆本事業は大阪府の小規模事業経営支援事業費補助金の一部を受けて実施しているため、大阪府へ実施報告をいたします。講習会参加の際には、必ずアンケートにご協力賜わり、事務局まで提出ください。アンケートをご提出いただけなかった場合、後日メール・FAX等でご連絡申し上げることもございます。ご了承ください。

お申込み方法

◆インターネットもしくは中央支部宛てFAXにて、必要事項をご記入の上、お申込みください。
◆開催1週間前頃に受講票をお送りさせていただきます。
◆申し込み後、キャンセルされる場合は必ずご連絡ください。
◆定員になり次第、締め切ります。
(定員オーバーの場合はご連絡させていただきます)
ú申込終了 úFAXでのお申し込み用 申込書ダウンロード

個人情報の取扱い

※ご記入頂いた情報は、大阪商工会議所からの各種連絡・情報提供(Eメールでの事業案内含む)に利用させていただくほか、大阪府(事業費補助金交付元)、講師に参加者名簿として提供いたします。これらについては受講者ご本人に同意いただいたものとして取り扱わせていただきます。
※大商の個人情報保護基本方針及び個人情報の取得・利用・提供に関するお知らせ

お問い合わせ先

大阪商工会議所 中央支部
TEL:06-6944-6433
FAX:06-6944-6434