大阪商工会議所トップ

大商セキュリティコンサルサービス トップ  

大商セキュリティコンサルサービス トップ > プライバシーマークトップ > プライバシーマーク更新・運用コンサルティングサービス

プライバシーマーク取得後も、ご心配は無用です

大阪商工会議所では、プライバシーマーク取得済み企業様向けに、更新支援、運用支援コンサルティングサービスを実施しております。取得できたものの、運用が維持できるか不安をお持ちの企業様、更新審査の対応に自社だけでは自信がない企業様はぜひご検討下さい。

プライバシーマーク更新コンサルティングサービス概要

  • 更新コース  3回 訪問コンサルティング
    申請手続き、審査対応の支援をいたします 
  • 活動開始時期:認証期限日の8ヶ月前から5ヶ月前に活動開始することを想定しています
  • 上記コースは、全従業員様向けの教育ならびに内部監査について実施済である場合です。全従業員様向けの教育や内部監査のコンサルティングもあわせてご希望の場合は、別途ご相談ください。

コンサルティングサービスに含まれる項目

  • 文書の確認及び指導
    運用中の文書、様式を確認し、修正・追加などが必要な場合は、訪問時にミーティングをしながら一緒に作成します。
  • 特定した個人情報、認識したリスク、法令などの確認及び指導
    文書指導と同様、訪問時に確認いたします。
  • 審査機関への書類の作成の指導
    提出書類の見本を確認しながら、審査機関への書類の作成をサポートいたします。
    <審査への対応方法の指導>
    現地審査では、担当者のみならず、社長様のインタビューもあるので、事前に社長様に対応方法についてご説明もさせていただきます。
  • 審査機関の審査の結果についての修正指導(メールにて)
    現地審査の前に提出した書類の修正が必要となるので、訪問し、修正部分の対応の指導をさせていただきます。(取得時審査に合格している文書でも、審査員が交代することで、別の指摘を受けることがあります)
    現地審査後には、修正しなければいけない項目の修正の指導をさせていただきます。訪問し、指導させていただきますので安心してください。

コンサルティングスケジュール

訪問回数
期間
内容
1回目
1ヶ月目
  • 特定した個人情報の確認
  • 業務フローの見直し
  • リスクの分析の見直し
  • 現行PMS文書の確認
  • 安全管理対策の見直し
  • 個人情報保護文書の見直し

2回目

2ヶ月目
  • 新PMSでの教育実施確認
  • 運用確認
  • 内部監査・実施確認
  • マネジメントレビュー実施サポート
  • 申請サポート
3回目
審査機関より
連絡があった後
  • 書類審査対応
  • 現地審査前最終チェック
※審査後対応指導は、メールにて実施いたします。

プライバシーマーク運用支援コンサルティングサービス概要

  • 運用支援ベーシック契約  年間3回 訪問コンサルティング
    1年のうち、3回訪問します。教育、監査など大きな実施事項のお手伝いが中心です。
  • 運用支援アドバンス契約  年間6回 訪問コンサルティング
    隔月で訪問しますので、プライバシーマーク運用のあらゆる事について、ご支援が可能です。 
  • 運用支援コンサルティングでは、いずれのコースでも、メールによるQ&A、緊急事態発生時の電話による指導が含まれます。

運用支援コンサルティングサービスに含まれる項目

  • 訪問指導
    御社にご訪問して運用に関してご支援いたします。よくご利用いただくのは、教育の準備、監査の準備など、準備に手間がかかる内容に関する指導です。1回の指導時間は2時間までです。
  • メール、FAXによる運用に関する質問への指導
    訪問時以外には、メール、FAXで質問を受け付け、指導いたします。メール、FAX指導は回数無制限です。
  • 緊急事態発生時の電話指導
    万一、個人情報漏洩などの緊急事態が発生した場合、緊急事態対応手順に応じて対処して頂きますが、その際、電話にて指導をいたします。