地域振興部

地域振興部は、関西国際空港やリニア中央新幹線などの各種インフラ整備や
大型プロジェクト、そして観光、まちづくりなど、
大阪の活性化にかかわる様々な事業を展開しています。

画像

担当

(都市魅力の向上事業)

都心部の水辺や公園などの公共空間の活用促進や公民連携による水都大阪再生、なんば駅前他のエリア開発支援及び遊休建築物のリノベーションによる有効活用など、様々なテーマにビジネス的手法で取り組み、都市魅力の向上を図ります。また、「なにわなんでも大阪検定」の開催を通じ、郷土愛、シビックプライドの醸成を図ります。

画像 (写真左)水都大阪の再生等など、水辺や公園等の魅力向上を推進しています。
(写真右上)大阪の玄関口であるなんば駅前の広場化に向けた活動を展開中。
(写真右下)「なにわなんでも大阪検定」はこれまでに約3万人が受験しました。

(大規模プロジェクトの推進事業)

関西国際空港、リニア中央新幹線、北陸新幹線、阪神高速淀川左岸線、そして、2025日本万国博覧会など、大阪・関西の経済発展に必要な空港・鉄道・道路・港湾等の都市インフラの整備、プロジェクトの推進等を地元行政等と連携し、国などに要望するとともに、機運醸成活動などを積極的に展開しています。

画像 画像 (写真上)関西国際空港はインバウンド促進の要です。
(写真下)北陸新幹線の大阪延伸で関西と北陸のビジネス交流を拡大します。

(観光振興事業)

大阪の街にも外国人観光客が急増し、観光ビジネスが注目されています。大阪が世界各国の方々が何度も訪れたくなるような観光都市になるよう、快適な受け入れ環境の整備や、上質な街の魅力に関する情報発信、新しい観光ビジネスの創出を推進する取り組みを行います。

画像 (写真左)五代友厚も登場したドラマ「あさが来た」のプロモーションも支援
(写真右)外国人観光客が主力の簡易宿所が急増する西成エリア

(スポーツ産業の創出事業)

2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2021年の関西ワールドマスターズゲームズといったスポーツのビッグイベントの国内開催を控え、スポーツビジネスを日本の基幹産業とする国の動きが加速しています。
スポーツには、『スポーツ×モノづくり』、『スポーツ×IT』、『スポーツ×サービス』、『スポーツ×食』、『スポーツ×空間産業』、『スポーツ×まちづくり』など、様々な形で周辺産業を刺激し、取り組み次第で潜在したニーズを掘り起こし、新たな需要を作り出す力があります。多様な企業が、スポーツを核にしたビジネスチャンスを得るために、新しいスポーツビジネスの成功事例等の情報提供セミナーや、大学の研究シーズと企業とのマッチング、企業が自社の製品・サービスを他社やスポーツ界に提案できるイベントの開催など、産学連携や企業間連携などを促進する活動を行います。

画像 スポーツビジネス振興シンポジウムには、多彩な企業が参加。
Field TOP