国際部

大阪と海外とのビジネスをつなぐ「窓口」となるのが国際部です。
大阪企業のグローバル展開に役立つビジネス情報・商談機会の提供のほか、
外国企業の大阪誘致も行い、双方向の交流を進めています。

画像

担当

(経済交流班)

日本で少子高齢化が進み、国内市場が縮小されるなか、高い経済成長を維持し、中間層も増加しているアジアとの関係を深める事が重要。また、元々大阪・関西とアジアは距離的に近い事から、関空もLCCの拠点として発展し、輸出入の相手先としても最も高い比率を占めています。
こうした事を背景に、国際部では、「Go Global Project」のもと、アジアをはじめとした新興国市場での投資・ビジネス環境を視察する海外ミッションを派遣したり、実際に進出した際に出てくる実務面での課題を解決するための勉強会を実施しています。
さらに、大阪・関西には世界に通用する高い技術力を誇る企業が沢山集積していることから、その先端分野における強みを欧米諸国にアピールするため、ビジネス実務ミッションを派遣したり、研究会や商談会等を実施しています。

大商国際部活動の紹介ホームページ(和文) 大商の英文ホームページ 大商の中国語ホームページ
画像 (写真上)中小企業のための『初めての海外進出勉強会』
(写真左下)タイからバイヤー企業を招聘しての売り込み商談会
(写真右下)北米ビジネス実務ミッション。水素・燃料電池関連企業と一緒に米国ロサンゼルス近郊の水素ステーションを見学

(貿易証明班)

企業がモノを海外に輸出入する際には色々な書類が必要になります。その中でも、物がどこで作られたかを証明するのが「原産地証明書」です。国際部では年間10万件を超える貿易関連証明書を発給していますが、今後各国・地域とのEPA(経済連携協定)を利用した海外取引が増えていく中、どうやって中小企業がこれらの書類を作成・活用していくのか、また如何に大阪・関西からのモノの流れを増やしていくのかを考え、様々な事業を展開しています。
Made in Osaka, Kansai のモノを世界に売り出して行きます。

貿易証明の取得について(一般証明) 貿易証明の取得について(特恵証明)
画像 外国人の嗜好やニーズをいかに把握するか?外国人モニターのみを集めて展示会を開催

大阪外国企業誘致センター(O-BIC)

大商、大阪府、大阪市と共同で2001年に設立されてから、すでに400社以上の外国企業・団体の誘致に成功しており、大阪経済の活性化に貢献している組織です。O-BICの仕事は、一言で言えば、ビジネスのインバウンドです。大阪に進出する外国企業・個人に対し、オフィス・工場用地・住居探し、会社登記・ビザ取得、法務・税務・市場リサーチなどの専門家紹介などの支援をしたり、潜在的な進出企業を発掘するために、国内外において、大阪のプロモーション活動を行ったりしています。
一方、そんなドライなビジネス世界の中でも、「人」が持つ力の大きさも忘れてはなりません。「大阪人は親切で心が暖かい」「O-BICのスタッフは仕事に熱心だ」「いつも親身になって効率的に対応してくれる」と言って大阪に立地してくれた外国企業も少なくありません。

HPは日本語、英語、中国語、韓国語の四ヶ国語で情報発信
画像 画像 (写真上)韓国でのPRセミナー開催
(写真下)日本進出に関心を持つ企業への訪問
Field TOP