大阪商工会議所 HOME

ニューズレター(支部概況報告)No.175 2005.7.15

テーマ
2.工夫ある経営で頑張っている中小企業

○味のよさと親切な接客が評判に!
 昨年12月、当支部近くにオープンした居酒屋「はんなり」(天王寺区堀越町12-12 TEL. 6775-0141)は、味のよさと女将および女性店員の親切な接客態度が評判となり、毎日たくさんのお客様で賑わっている。
 開店準備の際、資金の調達及び経営ノウハウについて、当支部に何回も相談のために足を運んでいただいた。応対した当支部の新家経営相談員が、資金の調達方法と経営ノウハウについてアドバイスし、創業資金として国民生活金融公庫の創業支援融資の活用をすすめた。
 また、実際の経営ノウハウについては、他の繁盛店を参考にするのが効果的であることから、新家経営相談員が紹介した西天満の店に実際に足を運んで、自分の目で確かめて必要なノウハウを収集しながら徹底的に勉強した。その甲斐があって、無事に店をオープンすることができた。
 正直なところ、開店前には果たしてうまくいくだろうかと、多少な心配があった。しかし、開店後初めて伺った時、店の雰囲気といい、料理の味といい、支部来訪時と様子を一変させた女将の変身ぶりといい、すべて予想以上の出来栄えを目の当たりして、ある程度の成功はするものと確信している。
 店の特徴は、豊富な酒類、メインのお惣菜を“おでん”に据えているが、その他メニューも充実していて、味もなかなかの美味さである。女将は頑張り屋で、女性店員とともに、お客様に対する応対がとても自然で、温かみを感じさせてくれる。故に、男性客だけでなく、女性客もかなり多く、いつ来店してもほぼ満員の状況が続いている。さらに、ここ当分は休日をもうけないで頑張ると決めている。
 開店前の心構えと、どのように準備を整えていったかを、参考のためにうかがってみたところ、「特に難しいことを考えずに、食べ歩きが好きなので、いろんなところへ出かけていって、いろんな料理を味わって、自分の舌を鍛えて味覚を磨き、自分なりの味を出そうとやってきた」とこともなげにおっしゃっていた。本人は言わないが、なかなかの努力家である。
 とかく飲食店は、開店しやすいが反面成功は簡単でないといわれている。しかし、「はんなり」は開店後数ヶ月しか経過していないにもかかわらず、料理の美味さに加え、店の明るさと清潔さ、女将と女性店員のフレンドリーな応対が評判をよび、かなりのお客様の心を掴んでいるようである。現に、当支部異業種交流会のメンバーが足を運んだところ、たちまちにファンとなり、その後も何回となく訪れていることが何よりの証明である。ますますの発展を期待している。
(天王寺・阿倍野支部)

「ニューズレター(支部概況報告)No.175」トップへもどる