大阪商工会議所 HOME

ニューズレター(支部概況報告)No.172 2005.4.22

テーマ
2.工夫ある経営で頑張っている中小企業

○町屋再生による地域密着型介護サービスの展開
 (有)ライフ・ステージ<寝具の白石:昭和28年開業>(中央区上本町西3-3-24 代表取締役 白石喜啓氏 TEL.6761-3716)は、町屋再生による地域の活性化等で注目を浴びている空堀において、寝具販売に加え介護サービス事業など地域に根ざした顔の見えるサービスを提供している。
同社の転機は、現代表者である喜啓氏が介護保険制度のスタート(平成12年4月)にあわせ、実父が創業した寝具店を基盤として、新分野である介護事業へ進出するという決断であった。新分野参入当初は福祉用具のレンタル・販売事業を行い介護分野での実績づくりや人脈拡大に注力していたが、平成14年4月には訪問介護サービスをスタート、翌15年3月には古い町屋を改修したデイサービスセンター「陽だまり」を開設したほか、昨年6月からは地域での新たな介護の担い手を養成すべく「ホームヘルパー養成講座」をスタートするなど、実父が寝具店を営む中で永年にわたり築きあげた地域での信用やネットワークを活かし着実に事業展開を行っている。
特にデイサービスセンター「陽だまり」は、木と人のぬくもりのある建物(築70余年の2階建て木造長屋)で、中庭には園芸や茶飲み話ができるスペースを設けている。高齢者が安心して介護を受けられるセンターとして利用者から好評を得ているばかりでなく、空堀地域における町屋再生を通したまちづくりや賑わいづくりにも大きく貢献するに至っている。同社の草の根的な活躍に今後とも大いに期待したい。
(中央支部)

「ニューズレター(支部概況報告)No.172」トップへもどる