OSAKA

2025日本万国博覧会の大阪・関西開催の実現に向けて

たんと繁盛

大阪商工会議所では、2025日本万国博覧会の大阪開催の実現に向け、
本会議所を挙げて機運醸成及び誘致活動を展開するため、
「大阪商工会議所 2025日本万国博覧会誘致推進本部」を設置しました。

オールジャパンの誘致推進体制「2025日本万国博覧会誘致委員会」と連携し、
誘致委員会の会員募集やプロモーション活動に積極的に協力するとともに、商工会議所の国内外のネットワークを活用し、
全国各地での機運醸成や大阪商工会議所が提携している海外の経済団体等に大阪万博への支持を訴えていきます。

これまでの主な誘致活動

2018.01.04 平成30年大阪新年互礼会

画像

1月4日、大阪市内で開催された大阪新年互礼会において万博PRを実施した。
尾崎裕大阪商工会議所会頭、松井一郎府知事、吉村洋文大阪市長らをはじめ、行政、議会と関西財界から約2300人が出席。
尾崎大商会頭が「七福神の恵比寿(えびす)さんには今年は鯛ではなく2025年の万博を見事に釣り上げてほしい。」と万博誘致への想いを述べた。また特別ゲストとして万博の大阪誘致の「いらっしゃい大使」に就任している落語家の桂文枝氏が登場し、万博ハッピを来た登壇者らとともに「大阪に万博いらっしゃーい」と声を合わせ、万博誘致活動への意気込みを新たにした。

現在、大阪商工会議所をはじめとした関係団体では本年11月の万博開催国決定に向け、万博誘致への賛同募集活動を強化している。
大阪新年互礼会の会場でも万博PRブースを設置したほか、万博・名刺サポーターキャンペーンとしてスタッフが出席者らに名刺での賛同の呼び掛けを行った。
引続き、国内の機運醸成活動に取り組んでいく。
続きを読む

一覧はこちら

記者発表・コメント

一覧はこちら